甲府 住宅放火2人死亡 逮捕の少年は30キロ離れた駐在所に出頭

12日に甲府市で住宅が放火され、50代の夫婦とみられる2人の遺体が見つかった事件で、傷害の疑いで逮捕された少年が出頭した際、現場から30キロほど離れた駐在所に現れ、「人を殺してしまった」などと話していたことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は事件前後の足取りについて詳しく調べています。 Source link

Continue Reading
Close Menu