将棋 藤井二冠 「三冠」かけ挑む叡王戦第1局に勝利 | 藤井二冠

将棋の藤井聡太二冠が史上最年少での「三冠」達成をかけて挑む叡王戦の五番勝負が始まり、25日の第1局で豊島将之二冠を破って好スタートを切りました。 去年、八大タイトルのうち「棋聖」と「王位」を獲得した藤井二冠(19)は、トーナメントを勝ち抜いて「叡王戦」の挑戦権を得ました。豊島二冠(31)に挑む五番勝負の第1局は、25日午前9時から東京の神田明神で行われ、藤井二冠は白の羽織、豊島二冠は緑色の羽織を身に着けて、それぞれ対局に臨みました。対局は終盤に入って激しい攻め合いとなりましたが、先手の藤井二冠は正確な指し手を重ねて、午後6時10分ごろ、95手までで豊島二冠を投了に追い込み、初戦を白星で飾りました。叡王戦の五番勝負は9月にかけて残る4局の日程が組まれ、先に3勝を挙げたほうがタイトルを獲得します。藤井二冠は現在、「王位」の防衛戦でも豊島二冠と対戦していて、そのタイトルを守ったまま「叡王」のタイトルを奪えば、史上最年少での「三冠」達成となります。 藤井二冠「なんとか攻め合いにできればと」 対局のあと藤井二冠は「なんとか攻め合いにできればと思って指していました。これから第2局、第3局と続くので、しっかり状態を整えて臨みたい」と話していました。敗れた豊島二冠は「分からないまま指してしまい、だめにしてしまったように感じます。またすぐに第2局があるので、しっかり準備して頑張りたい」と話していました。 Source link

Continue Reading

藤井聡太二冠「挑戦者という立場で」 「三冠」かけ意気込み

将棋の藤井聡太二冠にとって3つめのタイトル挑戦となる、叡王戦の五番勝負が25日、開幕します。相手は、現在「王位」の防衛戦でも対戦している豊島将之二冠で、藤井二冠は24日の会見で「挑戦者という立場で、思い切りよく指していければと思います」と意気込みを語りました。 Source link

Continue Reading

小池都知事「直接見たいと思うが 自宅で声援送って」

オリンピックの開会式が開かれた国立競技場の周りに多くの人が訪れたり、競技を見るために沿道に大勢の人が集まったりしていることについて、東京都の小池知事は「ある意味、そうやって人を引き付けるのもスポーツの力だと思う。一方で、無観客になったのも残念ながらコロナの影響を勘案してということだ。直接見たい思いはあると思うが、自宅でいつもの家族と声援を送ってほしい」と述べました。 Source link

Continue Reading

無国籍となった外国人の子ども パスポートや出生届未提出76%

日本で生まれて無国籍となった外国人の子どもについて、出入国在留管理庁が調査を行ったところ、国籍を証明するパスポートや出生届を提出できていなかったケースが全体の76%を占めたことがわかり、必要な資料を取得するための手続きを適切に行うよう呼びかけています。 Source link

Continue Reading

米国務長官「大会の成功を祈念する」 茂木外相との電話会談で

茂木外務大臣はアメリカのブリンケン国務長官と電話で会談し、23日に開幕する東京オリンピックの成功を祈念する考えを伝えられたのに対し、開会式出席のため日本を訪れているバイデン大統領のジル夫人や、アメリカ選手団を歓迎する意向を示しました。 Source link

Continue Reading
Close Menu