【国内感染】30日 4人死亡 775人感染(午後6時15分現在)

30日はこれまでに全国で775人の感染が発表されています。また、千葉県で1人、奈良県で1人、沖縄県で1人、青森県で1人、の合わせて4人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め10万576人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて10万1288人となっています。亡くなった人は国内で感染した人が1752人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて1765人です。 Source link

Continue Reading

コロナ対応の医療従事者へ 感謝のライトアップ 東京 上野公園 | 新型コロナウイルス

東京の上野公園をライトアップするイベントが30日から始まり、新型コロナウイルスの対応にあたる医療従事者に感謝の気持ちを伝えようと、10種類以上の青色の光がともされています。 このイベントは、毎年この時期に上野公園で開かれ、30日は午後5時に園内の噴水の前で点灯式が行われ、カウントダウンの合図で一斉にライトアップが始まりました。ことしは新型コロナウイルスの対応にあたる医療従事者に感謝の気持ちを伝えようと、10種類以上の青色の光が使われています。会場では、再生可能エネルギーを使った取り組みも紹介されていて、このうち国立科学博物館では、2台の燃料電池自動車から電源をとって、壁面にプロジェクションマッピングが行われています。 このライトアップイベントは、11月3日の午後6時まで行われています。 Source link

Continue Reading

リニア中央新幹線 工事差し止めを求め提訴 静岡県の茶農家など

リニア中央新幹線をめぐり静岡県が水資源への影響を懸念してJR東海のトンネル工事を認めず2027年の開業が難しくなる中、静岡県内の茶農家などが「水量が減るなどの影響が出る可能性があり、生活や産業が維持できなくなる現実的な危険がある」などと主張して工事の差し止めを求める訴えを起こしました。 Source link

Continue Reading

Go Toトラベル 東京追加1か月 空の便は予約回復傾向 | 新型コロナ 経済影響

観光需要の喚起策「Go Toトラベル」に東京発着の旅行が加えられてから11月1日で1か月となります。航空会社の国内線の予約は少しずつ増えて、10月は前の年の同じ時期の50%程度にまで回復し、11月は60%程度にまで回復する見込みです。大手航空会社全日空によりますと、国内線の利用者は去年の同じ時期と比べて、9月が34%だったのに対し、10月がおよそ50%、11月は予約状況からおよそ60%まで回復するとみています。羽田空港を出発する便の利用者でみると、9月は去年の同じ時期の34%となる46万人でしたが、10月は50%に当たる65万人に上るとみています。また日本航空の国内線の利用者は、去年の同じ時期と比べて、9月が38%にとどまったのに対し、10月が54%、11月は予約状況から58%まで回復する見込みです。このうち羽田空港を出発する便の利用者でみると、9月は去年の同じ時期の36%となる41万人でしたが、10月は50%に当たる57万人を超えるとみています。航空各社では、利用者に対し、マスクの着用や混雑時には十分な距離を取って並ぶなど感染防止対策を徹底して呼びかけることにしています。 Source link

Continue Reading

「求人が1年で約70万人減」の衝撃 企業の現場から見えたものは

ことし9月の有効求人倍率は1.03倍と9か月連続で低下し、2013年12月以来の水準となりました。ハローワークの求人数は去年の同じ月より70万人近く減少しています。中小企業からは、新型コロナウイルスの影響で経済の先行きが不透明だとして新たな求人を出せないという声が聞かれる一方で、新たな事業に乗り出して活路を見いだそうとする動きもみられます。 Source link

Continue Reading

コアラ飼育数11頭 全国最多に並ぶ 鹿児島 平川動物公園 | NHKニュース

鹿児島市の動物公園では、ことし4月に生まれたコアラの赤ちゃんが順調に育っていて、母親のおなかの袋の中から愛らしい顔をのぞかせています。この動物公園のコアラの飼育数は11頭となり、全国最多となりました。 鹿児島市の平川動物公園ではことし4月に生まれたコアラの赤ちゃんが順調に育っていて、10月、母親の「イト」の袋の中から姿を見せる「出袋」も確認されました。赤ちゃんはオスで名前はまだなく、30日は時折、おなかから顔を出したり足を出したりする様子が見られました。今後、次第に外に出る時間が長くなっていくということです。平川動物公園ではコアラは「出袋」の段階で飼育数に加えていて、今回の赤ちゃんの出袋で飼育数は合わせて11頭となり、埼玉県の動物園と並んで全国で最も多い飼育数となっています。動物公園では赤ちゃんの名前を募集する予定で、9月の台風10号でユーカリの木が被害を受けて餌不足が懸念されるなか明るいニュースとなっています。 飼育係の望月京也さんは「ユーカリはまだ厳しい状況が続いていますが、なんとか新鮮な餌を与えて元気に育てていきたいです」と話していました。 Source link

Continue Reading
Close Menu