静岡県内 新型コロナ 1人死亡 41人感染確認 県内延べ1873人に

静岡県などは、県内で新たに合わせて41人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。静岡県内での感染確認は延べ1873人となりました。また県内で高齢者1人が死亡したことが、新たに確認されたと発表しました。県内で亡くなった人は、これで合わせて14人になりました。 Source link

Continue Reading

大阪 吉村知事 新型コロナ「非常事態」示す赤信号点灯を検討

大阪府の吉村知事は記者団に対し、新型コロナウイルスの感染が広がり医療体制のひっ迫の度合いが強まっているとして、3日、緊急の対策本部会議を開いて、独自に設けた「大阪モデル」で「非常事態」を示す赤信号を点灯させるかどうか検討する考えを示しました。 Source link

Continue Reading

介護事業者の倒産 過去最多に 新型コロナによる利用控え影響か | 新型コロナウイルス

ことし1月から今月2日までに全国で確認された「介護事業者の倒産」は110件余りで、過去最多だった去年1年間の件数を超えたことが分かりました。調査をした民間の信用調査会社はコロナ禍で利用控えが続いていることなどが影響していると見ています。 東京商工リサーチによりますと、ことし1月から今月2日までに確認された「介護事業者の倒産」は全国で合わせて112件でした。去年は12月までの1年間で、介護保険制度が始まった平成12年以降で最も多い111件の倒産が確認されていましたが、ことしはすでに上回っています。業種別では「訪問介護」が52件で最も多く、次いで「デイサービス」や「ショートステイ」などが合わせて36件でした。また、自主的な休業や廃業も、10月までに406件確認されているということです。東京商工リサーチは、「新型コロナウイルスへの感染をおそれて、デイサービスなどを中心に利用を控える動きが続いていることが影響していると見られる。感染対策にかかる事業者の負担も大きく、流行の長期化で倒産の動きが加速しているのではないか」と分析しています。 Source link

Continue Reading

長崎 新型コロナ 長崎市で新たに2人の感染 県内計273人に

長崎市は、市内に住む70代の自営業の男性と、60代の事務職の女性の合わせて2人が、新型コロナウイルスに感染していることが、新たに確認されたと発表しました。長崎県内で感染が確認されたのは、長崎港に停泊していたクルーズ船の乗組員を除いて273人になりました。 Source link

Continue Reading

安倍前首相本人の任意聴取を要請「桜を見る会」懇親会 特捜部 | 桜を見る会 | NHKニュース

「桜を見る会」の前日夜に開催された懇親会をめぐる問題で、東京地検特捜部が安倍前総理大臣側に安倍氏本人の任意の事情聴取を要請したことが関係者への取材で新たに分かりました。特捜部は安倍氏の公設第1秘書が後援会の収支報告書に懇親会の収支を記載しなかった政治資金規正法違反の疑いで捜査を進めているものとみられますが、安倍氏本人にも収支報告書の内容への認識などについて説明を求める必要があると判断したものとみられます。 「桜を見る会」の前日夜の懇親会をめぐっては、去年までの5年間の費用の総額が2000万円を超え、このうち少なくとも800万円以上を安倍氏側が負担したとみられることが明らかになっています。しかし、懇親会を主催した「安倍晋三後援会」の収支報告書に懇親会に関する収支の記載はなく東京地検特捜部は後援会の代表を務める安倍氏の公設第1秘書が、参加者から集めた会費やホテル側に支払った費用の総額を後援会の収支報告書に記載しなかった政治資金規正法違反の疑いで捜査を進めているものとみられます。特捜部はこれまで、公設第1秘書や懇親会の参加者などから任意で事情を聴くなどしていますが、安倍氏側に安倍氏本人の任意の事情聴取を要請したことが関係者への取材で新たに分かりました。安倍氏はこれまで国会などで「懇親会のすべての費用は参加者の自己負担で支払われており事務所や後援会の収支は一切なく、政治資金収支報告書に記載する必要はない」と説明していましたが、安倍氏周辺の関係者は11月24日の取材に対し事務所の担当者が「収支報告書に会の収支を記載していなかったため、事実と異なる内容を安倍氏に答弁してもらうしかないと判断した」と説明していることを明らかにしました。安倍氏は11月23日にこうした内容の報告を受けたということです。特捜部は、国会閉会後、収支報告書の内容への認識などについて安倍氏本人にも説明を求める必要があると判断したものとみられます。 加藤官房長官「答え差し控えたい」 加藤官房長官は、3日午前の記者会見で、「捜査機関の活動内容に関わることなので、お答えは差し控えたい。安倍前総理大臣は、これまで国会でできるかぎりの説明はしてきたと思うし、先日も、捜査に全面的に協力していく旨、述べたと承知している」と述べました。 Source link

Continue Reading

山形 新型コロナ 新たに7人感染確認 県内計149人に

山形県は3日、7人が新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。感染が確認されたのは、最上町に住む60代男性と80代女性、鶴岡市に住む40代女性と10代女性、山形市に住む40代女性、60代男性、70代女性の合わせて7人です。山形県内で感染が確認されたのは、合わせて149人になりました。 Source link

Continue Reading

東京都の人口 4か月連続減 コロナでリモートワーク定着 影響か | 新型コロナウイルス

東京都の人口、11月1日現在で推計1396万人と前の月より7300人あまり減りました。4か月連続の減少となり、専門家は新型コロナウイルスの影響でリモートワークが定着し、都心を離れる人が増えたことなどが背景にあると分析しています。 東京都によりますと、11月1日現在の都内の人口は推計で1396万3751人でした。前の月と比べると7300人あまり、率にしておよそ0.05%減りました。「東京一極集中」が続き、ことし5月1日現在の推計で都の人口は初めて1400万人を超えましたが、6月から減少傾向に転じ、8月以降は4か月連続で減り続けています。地域別では、23区で前の月より7700人あまり、率にしておよそ0.08%減少した一方で、市では485人、0.01%増えています。また、ことし10月に東京からほかの道府県に転出した人は都内に転入した人より2900人あまり多く、「転出超過」となっています。「転出超過」も4か月連続です。人口問題に詳しいみずほ総合研究所の岡田豊主任研究員は「新型コロナをきっかけにリモートワークが定着し、都心にいる必要がないと感じ離れる人が増えている。東京一極集中に変化の兆しがみられ、今後もこの傾向は続くとみられる」と話しています。 Source link

Continue Reading

宮崎 都城の養鶏場で鳥インフルエンザウイルス検出 県内3例目

2日、宮崎県都城市の養鶏場でニワトリが死んでいるのが見つかり、遺伝子検査を行った結果、「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。宮崎県内では1日から鳥インフルエンザウイルスの感染が相次いで確認されていて、これで3例目です。 Source link

Continue Reading

生活保護申請 9月は1万8000件余 4月以来の前年比増加に

ことし9月の生活保護の申請件数は1万8000件余りで、去年の同じ時期と比べてことし4月以来の増加となったことが厚生労働省のまとめで分かりました。厚生労働省は「新型コロナウイルスの影響が長期化する中で年末年始にかけてさらに増加するおそれがある」としています。 Source link

Continue Reading
Close Menu