利水ダムでも事前放流 損失を国が一部補填へ

水害を防ごうと、洪水の調節機能が無いダムでも大雨の前に放流してもらい、貯水容量を増やそうという新たな取り組みです。発電や飲み水などに利用するためのダムは、水の量が戻らないと損失が出ることから、国土交通省は費用の一部を補填する制度を設けることにしています。 Source link

Continue Reading

八ッ場ダム この春完成へ 政権交代で建設が一時中断 | NHKニュース

政権交代で建設が一時中断するなどした群馬県長野原町の「八ッ場(やんば)ダム」が構想からおよそ70年を経てこの春、完成する見通しです。「八ッ場ダム」は昭和22年のカスリーン台風で利根川の堤防が決壊し、およそ1100人が犠牲となったことから、東京や千葉、埼玉など1都5県の治水などの目的で国が建設を進めています。昭和27年に建設構想が伝えられると、地元の長野原町では建設の是非をめぐって町を二分する対立が起こり、平成21年には当時の民主党政権が「コンクリートから人へ」をスローガンに建設を一時中断するなど、混乱が続きました。この間、総工費は国内のダムとしては過去最高の5320億円にまで膨れ上がり、水没地域の住民の移住や鉄道や道路の付け替えなど「生活再建事業」も行われていますが、移住対象の住民470世帯のうち町内の代替地に残ったのはわずか96世帯で、かつて20軒余りあった地元の川原湯温泉の旅館も代替地で営業を再開したのは5軒にとどまっています。国土交通省によりますと、ダムはことし3月に完成し、4月から運用が開始される見通しですが、住民の生活再建や町の活性化をどう進めるかが大きな課題となっています。国土交通省八ッ場ダム工事事務所は「ダムの安全性の確認を最後まで気を抜かずに実施し、住民の生活再建事業もしっかり進めていきたい」としています。 Source link

Continue Reading

ゴーン被告の旅券3通 東京地検が差し押さえ

日産自動車の元会長のカルロス・ゴーン被告が中東のレバノンに出国した問題で東京地方検察庁が裁判所の令状に基づいて弁護団の都内の事務所で保管されていたゴーン元会長のパスポート3通を差し押さえたことが関係者への取材でわかりました。東京地検は警察などと連携し、元会長が出国した経緯について実態解明を進める方針です。 Source link

Continue Reading

ゴーン被告出国 検察が異例コメント「正当化の余地ない」

中東のレバノンに出国した日産自動車の元会長のカルロス・ゴーン被告について、東京地方検察庁は5日、「国外への逃亡は我が国の司法手続きをことさらに無視し、犯罪に当たり得る行為で正当化される余地はない」などと厳しく批判するコメントを出しました。検察が捜査中の事件の被告についてコメントを出すのは極めて異例で、迅速に捜査を行い元会長の逃亡の経緯を明らかにするとしています。 Source link

Continue Reading

ゴーン被告出国 森法相コメント「できる限りの措置」

日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告が、ひそかに日本を出国して中東のレバノンに入国した問題で森法務大臣は5日、「関係当局などと連携し、我が国の刑事手続きが適正に行われるよう、できる限りの措置を講じていきたい」などとするコメントを発表しました。 Source link

Continue Reading

東京 豊洲市場で初競り 最高値はクロマグロ1億9320万円 | NHKニュース

東京の豊洲市場で5日朝、新年恒例の「初競り」が行われ、青森県の大間港で水揚げされたクロマグロが1億9000万円余りで競り落とされました。東京・江東区の豊洲市場では5日朝、令和になって初めてとなる新年恒例の「初競り」が行われました。マグロの卸売り場には、生や冷凍のマグロが並び、仲卸業者の代表が「ことしも競り場に多くのマグロが並び、にぎわいが出ることを願っています」とあいさつし、関係者全員で手締めをして、ことし1年の商売繁盛を祈りました。そして、午前5時すぎに鐘の合図で競りが始まると、威勢のいいかけ声とともに大きなマグロが次々に競り落とされていきました。最高値は、青森県の大間港で水揚げされた重さ276キロのクロマグロで、築地に本社があるすしチェーンが1億9320万円で競り落としました。これは、過去最高値を記録した去年に続いて2番目の高値となりました。「初競り」でクロマグロを最高値で競り落とした東京・築地に本社があるすしチェーンの木村清社長は、「令和最初の競りなので落とせてよかったです。高かったですが、お客さんにいちばんいいマグロを届けたいという思いでした。お店でおいしいマグロを食べてもらいたい」と話していました。 Source link

Continue Reading
Close Menu