豪雨被災地の「学童保育」施設が再開 長野

豪雨被災地の「学童保育」施設が再開 長野



台風19号の豪雨災害で、千曲川の堤防が決壊した影響で場所を移して活動していた長野市の「学童保育」の施設が、16日、およそ2か月ぶりに元の施設で児童の受け入れを再開しました。



Source link

Leave a Reply

Close Menu