全ゲノム解析 がんと難病患者9万2000人分を先行解析の方針 | NHKニュース

全ゲノム解析 がんと難病患者9万2000人分を先行解析の方針 | NHKニュース


患者のすべての遺伝情報を調べて、効果的な治療や新しい薬の開発につなげる「全ゲノム解析」について、厚生労働省は20日今後の実行計画を公表しました。これから3年ほどかけて、がんと難病患者の最大で9万2000人分を先行的に解析する方針です。

ゲノム医療は患者の遺伝情報を調べて最も適した薬を探し出すなどして治療につなげるもので、これまでは解析する遺伝情報の対象が一部に限られ、治療に十分生かせていないなどと指摘されていました。

これを受けて厚生労働省は、がん患者と難病患者について、すべての遺伝情報を分析する「全ゲノム解析」を国として進めていくことになり、20日、その実行計画を公表しました。

まず、今後3年程度をめどにいずれも最大でがん患者のおよそ6万4000人分と難病患者のおよそ2万8000人分を先行的に解析していくとしています。

このうち、がんでは5年生存率が相対的に低い難治性のがんや、小児がんなどの希少がんの患者、難病では筋ジストロフィーやパーキンソン病などの患者の遺伝情報が対象となります。

研究機関などに保存されている検体や新たに患者から提供された検体を患者の同意を得たうえで解析する方針です。

厚生労働省は、全ゲノム解析を行ってデータを集めることで、効果的な治療や診断、それに新しい薬の開発につなげていきたいとしています。



Source link

Leave a Reply

Close Menu