被爆の「旧陸軍被服支廠」片渕監督が視察 すべての保存訴え

被爆の「旧陸軍被服支廠」片渕監督が視察 すべての保存訴え







原爆の惨状を伝える代表的な被爆建物の1つで、広島県が大部分を解体する方針案を示している「旧陸軍被服支廠」について、戦時中の広島を舞台にしたアニメ映画「この世界の片隅に」を手がけた片渕須直監督が視察し、「未来の人のものだ」として、建物すべての保存を訴えました。



Source link

Leave a Reply

Close Menu