皮膚から出る微量ガス映し出す装置開発 東京医科歯科大

皮膚から出る微量ガス映し出す装置開発 東京医科歯科大



皮膚から出る極めて微量なガスを検知して、画面に映し出す特殊な装置を東京医科歯科大学の研究グループが開発しました。血液中の成分の一部がガスとして放出されるのをリアルタイムで見ることができ、アルコールの検知のほか、糖尿病やがんなどの早期発見に活用できる可能性があるとしています。



Source link

Leave a Reply

Close Menu