戦没者データ電子化などで不適切会計処理 厚労省職員17人処分

戦没者データ電子化などで不適切会計処理 厚労省職員17人処分



戦没者のデータを電子化するなど厚生労働省が外部の業者に発注した業務で、まだ完了していないのに業者に代金を支払う不適切な会計処理を行ったとして厚生労働省は26日、職員17人を処分しました。



Source link

Leave a Reply

Close Menu