ゴーン被告 保釈中の住居捜索 出入国管理法違反の疑い

ゴーン被告 保釈中の住居捜索 出入国管理法違反の疑い



海外への渡航が禁じられていた日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告が中東のレバノンに出国した問題で、東京地方検察庁はゴーン元会長が不正な手段で出国したとして出入国管理法違反の疑いで保釈中の住居となっていた東京 港区の住宅の捜索を始めました。検察と警察は元会長が出国するまでの詳しい経緯を調べるものとみられます。



Source link

Leave a Reply

Close Menu