ヘイトスピーチで名前公表 条例は憲法に違反せず 大阪地裁

ヘイトスピーチで名前公表 条例は憲法に違反せず 大阪地裁



民族差別をあおるヘイトスピーチを行った個人や団体の名前の公表を定めた大阪市の条例が、表現の自由を保障した憲法に違反するかどうかが争われた裁判で、大阪地方裁判所は「条例の目的は正当で、表現の自由の制限はやむをえない限度にとどまっている」として憲法に違反しないとする判断を示しました。



Source link

Leave a Reply

Close Menu