マレーシア人グループによるカード偽造事件 母国から指示か

マレーシア人グループによるカード偽造事件 母国から指示か



マレーシア人グループによるクレジットカードの偽造事件が全国で相次ぐ中、去年、大阪府警が摘発したグループが、母国の犯罪組織から指示を受けていた疑いがあることが分かりました。大阪府警は10日、マレーシアに捜査員を派遣し、現地の捜査当局と情報を共有して実態解明を進める方針です。



Source link

Leave a Reply

Close Menu