“ヘイトスピーチに刑事罰”条例施行の川崎市 審査会が初答申



全国で初めて、ヘイトスピーチに対する刑事罰を盛り込んだ条例が施行された川崎市の審査会が、インターネット上の9件の書き込みが「差別的言動」にあたるとする初めての答申を市長に提出しました。市は答申に基づき、書き込みの削除要請を行うことになります。



Source link

Leave a Reply

Close Menu