福島第一原発 放射性物質付着の“木” 焼却施設がほぼ完成



廃炉が進む東京電力福島第一原子力発電所で、放射性物質が付着した敷地内の木を処分するための焼却施設がほぼ完成し、11月、国の最終的な検査を受ける見通しとなりました。



Source link

Leave a Reply

Close Menu