東海道新幹線 浸水対策 4年後までに設備導入など実施 JR東海



新幹線を大雨による浸水被害から守るため、JR東海は車両の避難計画を作成したほか、浸水の危険がある重要施設について代替の設備の導入やかさ上げなどの対策を4年後までに行うことになりました。



Source link

Leave a Reply

Close Menu