重症患者で病床ひっ迫 医師「患者の多くが高齢者 治療長引く」



新型コロナウイルスの重症患者用の病床がひっ迫していることについて、患者の治療にあたっている、大阪市立総合医療センターの白野倫徳医師は、ベッドが空かないのは患者の多くが高齢者で治療期間が長引いていることが要因の一つだと指摘しています。



Source link

Leave a Reply

Close Menu