リニア中央新幹線談合 大手ゼネコン4社に排除措置命令



リニア中央新幹線の工事をめぐる談合事件で、公正取引委員会は22日、大手ゼネコン4社に対し、再発防止などを求める「排除措置命令」を出すとともに、工事を受注した大林組と清水建設に合わせて43億円の課徴金を納めるよう命じました。



Source link

Leave a Reply

Close Menu