暴力団 工藤会トップ 脱税の罪で懲役3年と罰金8000万円確定へ



特定危険指定暴力団、工藤会の上納金をめぐり、トップの野村悟被告が3億円余りの脱税の罪に問われた裁判で、最高裁判所は、被告側の上告を退ける決定をし、懲役3年と罰金刑を言い渡した判決が確定することになりました。



Source link

Leave a Reply

Close Menu