変異ウイルス多数確認の仙台市 市長“検査態勢強化を検討”



新型コロナウイルスの変異ウイルス「E484K」が仙台市内で多数確認されたことを受けて、仙台市の郡市長は変異ウイルスの検査態勢の強化を検討する考えを示しました。



Source link

Leave a Reply

Close Menu