“75歳以上の医療費負担 2割” 改正案 衆議院で審議入り



75歳以上の医療費をめぐり、年収200万円以上の人の窓口負担を2割に引き上げる法律の改正案が8日、衆議院で審議入りしました。菅総理大臣は、現役世代の負担上昇を抑え、能力に応じた負担への見直しを進める必要があるという考えを示しました。



Source link

Leave a Reply

Close Menu