尾身会長「大会開催ならリスク十分考慮した運営必要」



東京オリンピック・パラリンピックをめぐり、政府の分科会の尾身会長は夏休みやお盆などを迎える時期に大会を開催すれば、人の流れが増え、感染リスクは高まるとして、リスクを十分考慮した大会運営を行う必要があるという考えを示しました。



Source link

Leave a Reply

Close Menu