改正国民投票法が成立 憲法改正投票の際 投票所拡大など柱



憲法改正の国民投票で商業施設に投票所を設けることなどを柱とした、改正国民投票法は、参議院本会議で、自民・公明両党と立憲民主党などの賛成多数で可決され、提出からおよそ3年を経て、成立しました。



Source link

Leave a Reply

Close Menu